母子家庭に支給される手当を知っておこう!② 「児童手当」について

前回から母子家庭に支給される手当について、お話しています。母子家庭の母親の平均就労年収は200万円以下と言われています。節約も大事ですが、支給される手当は間違いなく手続きしておきたいものですね。今回お話するのは「児童手当」です。以前は子ども手当と呼ばれていたこの手当は、児童扶養手当と違い母子家庭に限らず、支給対象となる子のいる全家庭が対象です。国が行っている支援制度で、対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学生までの子どもです。子どもの数に応じて所得制限の額と支給金額が変わります。詳しくは、0歳~3歳未満の場合、1人につき月15,000円、3歳~小学校修了前:月10,000円(第3子以降は月15,000円になります。)、中学生は一律で月10,000円です。
支給月は2月(10月~1月分)、6月(2月~5月分)、10月(6月~9月分)と年3回です。毎年、各自治体へ現況届の提出が必要で、これを提出しないと支給がストップされてしますので注意しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>