協議離婚について

さて、前回は離婚の種類についてお話しましたが、
今回からは、より詳しく一つ一つの種類について掘り下げていきましょう。

協議離婚

協議離婚とは、前回「市役所に離婚届を提出するだけで離婚が成立する形」と説明しました。
一見一番楽そうに見えるこの形ですが、養育費や財産分与、慰謝料などを十分に取り決めないまま離婚してしまう傾向があるとも言えます。
また、一度離婚してしまえば、それらの話し合いに応じない人もいます。
カッとなって離婚届を提出してしまわず、冷静に離婚後の家計や離婚の原因などを考慮し、
然るべき対処をしましょう。

慰謝料とは?
慰謝料とは、相手の不貞行為や暴力などが原因で心身にダメージを負った場合に請求するものです。
不貞行為が原因の場合は、愛人の方にも請求することが出来ます。
しかし、愛人との関係が始まる前に夫婦関係が破綻していた場合(家庭内別居など)には、
夫婦関係の破綻と不貞行為の因果関係が認められないため慰謝料を愛人に請求することが出来ません。
愛人への慰謝料は 年齢や結婚年数、不貞行為の回数や期間などで決められます。
相場は50万~200万円とされています。

協議離婚の場合は、このように養育費や財産分与を口約束ではなく
離婚協議書にもとづいて公正証書を残しておきます。
口約束のみで、「そんな約束していない」とう言われてしまえば終わりですので。。

一番楽かな、と思うこの協議離婚ですが、プロが仲介しないためにあとあと面倒なことが一番起こりやすいのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>