審判離婚について

・審判離婚
審判離婚は、調停離婚がまとまらなかった場合に
家庭裁判所が審判の役割をして離婚を成立させる形です。
審判がくだされてから、異議を申し立てると、裁判離婚という最終形になります。

さて、今回は審判離婚について詳しく勉強しましょう。
審判離婚とは、前回説明した調停離婚がうまくまとまらず、離婚が成立しそうもない場合に行われます。
審判するのは家庭裁判所で、家庭裁判所は調停委員の意見を聞いて、職権で離婚の処分をすることができるのです。これが審判です。
双方の意に反して強制的に離婚を成立させるのがこの審判離婚です。

調停では、双方の意見を聞き、証拠など必要とせず話を聞いただけで話を進めていましたが、
審判では家庭裁判所が調停官を使って事実調べを行います。

審判では、親権者、看護者の指定や養育費、財産分与、慰謝料等の金額を命ずることが出来ます。
つまり、調停では双方の意見を聞いてそれにもどつき判断していましたが、
審判では意見に関係なく家庭裁判所が財産分与などを決定してしまうというわけです。
その方が公正といえば公正ですけどね。

では、調停離婚が成立せず、審判離婚が妥当だとされる例を見てみましょう。

・夫婦相応が審判離婚を求めたとき。
・実質的には離婚の合意が得られているが、なんらかの事情で調停成立時に出頭できないとき
・合意できない理由が主に感情的反発であるなど
・親権者の争いで家庭裁判所の判断が必要となるとき
・一方が調停への出頭を拒否したとき

以上の例では審判離婚に持ち込まれます。

しかし審判離婚は滅多に行われていません。
調停でほぼ意見がまとまっているにも関わらず、双方の少しの主張のずれにより最終的に調停が不成立になりそうな場合のみ審判が行われ、
そのほかは裁判へ移行するのです。
審判離婚はたったの1%なのです。

では、次は最終ステージ裁判離婚です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>