弁護士費用

離婚する際に注意しなければならないこととして
前回は財産分与についての説明をしました。

今回は、弁護士費用についてご説明します。

離婚の弁護士費用の全国平均は60、7万円らしいです。

まず、離婚に関する着手金と、報酬金があります。
どちらも30万円ずつだとします。
これは「離婚」にたいする弁護士費用です。
慰謝料や財産分与が得られた場合、着手金と報酬金、または報酬金のみがプラスされます。

東京では、獲得額(慰謝料や財産分与)の10%~20%の報酬金がかかるものです。

例えば、離婚が成立し、財産分与が1000万円だとします(多いですが)。
報酬金は獲得額の20%だと設定。
そうすると、着手金30万円プラス(1000万円の20%)=230万円
弁護士に230万円も払わなくてはならない、ということになります。
最初に弁護士は「着手金と報酬金どちらも30万円ずつ頂きます」と説明するかもしれません。
しかしそれは財産分与がなかった時の話です。
弁護士がいなかったら財産分与もなかったかもしれないし、
もしかしたら230万も獲得できないかもしれません。
とはいっても、230万は大きいですよね・・・・

離婚調停が終わったら多額の請求がきた」という話はよくあります。
弁護士にも事前に確認し、事務所の評判なども調べておく必要がありますね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>