子どもとの問題

養育費は子供と暮らしていない側が払うものです。
一般的に、子ども一人の場合は2万円~6万円、
子ども二人の場合は4万円~6万円というのが一般的です。

また、「養育費はいらないから離婚してください」と勢いで言ってしまう母親の話もよく聞きますが、
子どもは離婚には関係なく、子どもは子供として考えられるので
これでも養育費を放棄したことにはなりません。

また、子どもが引き取った側が再婚しても、
養育費の支払は継続されます。

離婚において子どもの位置づけは、
離婚は夫婦間の問題であり、
子どもは子どもで二人の子どもであるというものです。

また、離婚後、妻が婚姻前の戸籍に戻るか、婚姻後の氏で新しく戸籍を作ったとして、
子どもが妻の側についても子供の戸籍はそのまま婚姻していた戸籍に戻ります。

ですので、親権を持った妻が婚姻後の氏で新しく戸籍を作ったとしても、子どもが自動的にそこに入ることはなく、
家庭裁判所に審判の申し立てをしなければ子どもと同じ戸籍に入ることはできません。
親権を持たない夫側に子どもの戸籍があるということになります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>