離婚後の氏

前回は子どもの親権や戸籍についてお話ししましたが、今回は離婚する夫婦の氏の変更ついてお話ししようと思います。

夫婦は婚姻時に同一の氏を称するように定められています。夫の氏を称する場合は妻の氏を変更し、逆の場合は夫が氏を変更するということです。婚姻の時に氏を変更しなかった人は、離婚してもそのままの氏を称することになります。

婚姻の時に氏を変更した人には3つの選択肢があります。
(1)婚姻前の親の戸籍に戻り旧姓に戻る。
(2)自分が筆頭者となる戸籍を作り旧姓に戻る。
(3)自分が筆頭者となる戸籍を作り婚姻時のままの姓を名乗る。

(3)の場合は離婚後3ヶ月以内に市区町村役場に「離婚の際に称していた氏を称する届け」を届け出ることで、そのままの姓を名乗ることができます。届け出るために夫側の許可は必要ありません。
仮に3ヶ月過ぎてしまってから婚姻時の姓を名乗りたいと思った場合は、「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して申し立てます。「やむを得ない事由」が認められれば婚姻時の姓を名乗ることが許可されます。また、婚姻時の姓を名乗っていたけど旧姓に戻りたい場合も同じように申しだて許可されることで旧姓を名乗れるようになります。

離婚後でも氏の変更ができるといっても、家庭裁判所への申し立てに必要な労力や時間を考えると、離婚前に氏の変更について話し合っておくとよいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>