離婚後のマイホーム

こんにちは。前回は離婚後の氏についてお話しましたね。
今回は離婚後のマイホームについてお話します。
離婚後にローンをどうするかはシビアな問題です。

住宅ローン返済が終わっていない時期に離婚するのは
とても危険なことですが、返済途中に離婚する夫婦はとても多いです。

そうすると、住宅ローンの内容を変更したい、名義を変更したいと考えると思うのですが、
それらは簡単に変えられるわけではないのです。

住宅ローンは、銀行とローンの申込人との間で交わされる契約なので、たとえ夫婦であれ、
連帯保証人であっても勝手に名義変更や保証人をやめることはできないのです

離婚の際の住宅ローンの扱い方には大きく4つあるので、今日はその中の
一つを紹介したいと思います。
ここでは、不動産も住宅ローンも夫だけの名義になっているケースで考えます。

今日紹介するのは、
「不動産を売却したお金で住宅ローンを返済する」方法。

不動産を第三者に売却し、それによって得たお金で残りのローンを返済、
そして余ったお金があれば夫婦の財産分与の対象にします。

もしも、不動産の売却益がローン返済に足りなかった場合は、銀行の抵当権も
残ったままになってしまうので、ご夫婦で銀行と話し合って、ローンを残したまま
抵当権を解除してもらうことが必要です。

この方法は4つの中で一番シンプルな方法とされていますが
やはり手続きにはそれなりの時間がかかります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>