離婚に関連する主な税金

こんにちは。前回は離婚後のマイホームについてお話しました。

今回は、離婚の際にかかる税金の話をしおうかと思います。
離婚の際には、支払われる給付金は、妥当な額であれば贈与とはならず、慰謝料・財産分与・養育費いずれも支払う側受け取る側ともに税金はかかりません。

ただ、不動産を財産分与した場合は違います。
貰った方が不動産所得税を取られる可能性があります。ただし、婚姻後に取得した不動産を財産分与する場合には、2分の1に軽減されます。
気をつけなければいけないのが、婚姻前に取得したものの場合は軽減措置が適用されないということですね。

また、他にも財産分与は、夫婦が婚姻し、協力して築いた財産の額や社会的地位などからして、夫婦共有財産の精算として、妥当な額であるとすれば、不動産や預金ともに贈与税は一切かかりません。

ややこしいかもしれませんが、大事なところなのでしっかりと相談しましょうね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>