離婚と年末調整

12月と言えば年末調整です。
条件を満たしていると様々な控除を受けることができます。
では、離婚が与える影響はどのようになるのでしょうか。

(1)配偶者控除が受けられなくなる。
※配偶者の所得額が年38万未満の場合に受けることができる。
 38万円もしくは48万円の控除額
(2)配偶者控除が受けられなくなる。
※所得税法上の扶養者がいる場合に受けることができる。
 38~58万の控除額
(3)生命保険料控除が受けられなくなる。
※生命保険料を支払っている場合に受けることができる。
 控除額は国税庁参照
の3つのデメリットがあります。

しかし、女性が離婚した場合、条件を満たせば寡婦控除を受けることができます。
納税者が寡婦の場合に受けることができる。
寡婦とは、
1,夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人。
2,扶養親族である子がいる人。
3,合計所得金額が500万円以下であることなどが要件となってきます。

これらのことをしっかり理解して年末調整に対する不安を解消して行きましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>