離婚後の住宅ローン

こんにちは。
以前、離婚時のマイホームについてお伝えしました。

離婚後の住宅ローンについて、取ることができる手段は以下のように主に4つあります。
1. マイホームを売却し、その代金を折半する
2. 妻が住み続けるが、不動産名義も住宅ローン名義も夫のままとし、住宅ローンも夫が支払う
3. 夫が住み続け、不動産名義も住宅ローン名義も夫のままとする
4. 妻が住み続けるために、住宅ローンを妻の名義で借り換え、不動産名義も妻に移す

以前は1つ目のもっとも後腐れのない方法を紹介しました。

今回は一番選択する夫婦が多いとされる「1. マイホームを売却し、その代金を折半する。」について紹介します。

この方法は、離婚後、親権者となった母親が子供と一緒に安心して暮らしていけるようにと、家を出ることとなる夫が住宅ローンを払い続けるというものです。状況としては、妻はこれまで専業主婦あるいはパートで、これから子供を育てていくが、以前の生活のように安定した収入を確保することができなくても、生活できる場所ができます。実際に離婚する夫婦はこの方法で、住宅ローンを支払う分養育費を少なめにしたり貯金の分配を多めに設定したりします。

しかし、この選択はリスクを伴います。
まず、ローンの契約者が夫出あった場合、夫が家を出ていくことに関して契約違反とみなし、銀行側は住宅ローンの一括返済を求めてくる場合もあります。

また、夫が毎月の支払いを滞ることなくできればいいのですが、できないとなると、銀行は黙っていられず、最悪の場合、物件が売却され、強制的に住処を追い出されることとなります。

こうしたリスクにも対処できるかどうかにも、注意して選択していきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>