離婚後のマンションはどうする?

こんにちは。
今日は離婚後のマンション売却についてお話ししていきたいと思います。

離婚後の財産分与のなかでも相談が多いのが、離婚後のマンション売却について。

賃貸であれば引っ越せばいいだけですが、ふたりで購入したマンションとなると話はべつです。
他の財産と比べて半分ずつ分けることもできませんからね、、、

たいていの場合、マンション売却の相談は離婚後の奥さんから受けることが多いです。
旦那さんが慰謝料や養育費の代わりにマンションを奥さん側に引き渡したが、
新しい自分の住居の家賃とマンションのローンを同時に払うことができなくなったため
売却したい、というわけです

では、マンションを処分する際の評価方法から見ていきましょう

基本的にはローンが残っている場合、分与時の実際の市場価格から住宅ローンの残高を差し引いた金額が評価対象になります。
さらに、評価額に対した夫婦それぞれの「寄与度」が財産の分配に関わってきます。

「寄与度」とは、マンション購入のときにご主人や奥さんが貢献した割
合を指します。
例えば、共働きで同じくらいの収入のある夫婦なら寄与度は2分の1です。

奥さんが専業主婦だった場合で、頭金の負担もゼロであったならばご主人の寄与度が100%ということになります。ただ、これは清算的財産分与の考えかたなので慰謝料的な面でみると寄与度はあがることになります。

離婚時のマンション売却には財産分与、住宅ローンなど
複数の問題が絡んでくるので注意が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>