離婚後のマイホーム

こんばんは、離婚後のマイホームについて複数回にわたってお伝えしてきました。
今日は「4. 妻が住み続けるために、住宅ローンを妻の名義で借り換え、不動産名義も妻に移す」
という方法について紹介していきます。
その前に少し復習しましょう。

離婚後の住宅ローンについて、取ることができる手段は以下のように主に4つありました。
1. マイホームを売却し、その代金を折半する
2. 妻が住み続けるが、不動産名義も住宅ローン名義も夫のままとし、住宅ローンも夫が支払う
3. 夫が住み続け、不動産名義も住宅ローン名義も夫のままとする
4. 妻が住み続けるために、住宅ローンを妻の名義で借り換え、不動産名義も妻に移す
最もシンプルで後腐れのない方法は1でした。2を希望する夫婦も多いです。

さて、「4の妻が住み続けるために、住宅ローンを妻の名義で借り換え、
不動産名義も妻に移す」ですが、契約者である人が住み続けるので、
3の方法と似ています。

この方法は、
住宅ローンを借り換えるのですから、妻も新たに住宅ローンを契約できるだけの収入がなければいけませんね。
手続きとしては、妻が新たに住宅ローンを申し込み、
今までの夫名義の住宅ローンを一括返済することで、
実質名義を入れ換えるということをします。

せっかく住宅ローンを借り換えるということで、利率の低い銀行探しから始めてみるのがよさそうです。銀行が決まれば審査があり、審査が通れば借り換えです。借り換えの契約前には離婚協議書の用意が必要です。まずは相談してみることで、借り換えできそうかわかりますね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>