離婚後のマンションはどうする?オーバーローンの場合

前回は離婚後のマンション売却についてお話しました。
さて、離婚後にマンションを売却しようと思ったら、売却評価額よりも住宅ローンの支払い額の方が多かった、という場合があります。このように住宅の売却評価額よりも住宅ローンの残債の方が多い状態を「オーバーローン」と呼びます。この「オーバーローン」の場合について考えてみたいと思います。

夫名義で購入し、住宅ローンを支払いしているマンションに、離婚後も妻と子供が住み続ける場合は、本当は妻の名義に変更し、住宅ローンの借り換えを行えば良いのですが、ローンの審査に通るためには妻にもそれなりの収入が必要です。そんな事情もあって不動産名義も住宅ローン名義も夫のままにし、夫がローンを負担するというケースが多くあります。

夫の支払いが滞ってきたから売りたいと思ってもマンションは土地と分離して査定出来ない分買った時より大幅に価値が下がっていることも多いのです。
「オーバーローン」であれば、売却代金でローンを払いきれず、ローンの残債を一括で支払うのは大変です。この場合はそのまま住み続ける方が金銭的な負担は少なくなります。

夫が住宅ローンを支払い続ける場合は、一般的に、離婚の際に「公正証書」を作成します。これがあれば、住宅ローンの支払いが滞った場合は、夫の給与などから差し押さえられる場合もあるので、必ず作成することが重要ですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>