離婚後のマンションについて、管理費や修繕積立金のことも考えておこう!

前のブログでマンションの売却金額が思ったより低かったり、ローンの名義変更が大変だったりと理由で、実は離婚後も、マンションの名義は夫のままで、妻や子が住み続けるケースが多いことをお話しました。
マンションの場合考えておきたいのが、「マンションは管理費や修繕積立金を定期的に支払う」という事実です。管理費は、殆どの場合、毎月支払いますし、修繕積立金は、毎月とか数ヶ月に1回支払うと思います。
実は離婚の時に、「住宅ローンは養育費や慰謝料がわりに夫側が支払うけれど、管理費や修繕積立金は妻側が支払う」と取り決めしたのに、離婚した妻が滞納してしまった場合はどうなるかご存知ですか?基本的に支払い義務はマンションの名義人にあるため、滞納した分の請求が夫に来ることも考えられます。マンションの管理費や修繕積立金の滞納が続くと、マンションを競売にかけられる事態になることもあるのです。
離婚するときは、住宅ローンの金額と比べると安く感じる管理費や修繕費も母子家庭で生活していく上で大きな負担になってしまいます。あとからもめないためにも無理のない取り決めをしておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>