離婚後の家の「所得税」「贈与税」

離婚の際に「家をあげた」場合は、あげた側に「所得税」がかかります。

通常は土地や建物を無償で譲ってもらった場合、もらった側に贈与税がかかります。ただし、
浮気など、夫に非がある離婚の場合、慰謝料や子どもの養育費がわりとして土地と家に譲っても、土地や建物に対して贈与税はかかりません。ということで、妻側に課せらせる支払いありません。
見落としがちなのが、家を譲った夫側に所得税がかかるということです。
これは、税法上では「夫が妻に対して家と土地を売った」と解釈されます。実際に売却してなくても、支払わなくてはならない慰謝料を、土地と建物ではらったため、財産分与した時の地価の金額で、土地と建物を売った所得があったと計算され、所得税がかかります。数千万円の所得にたいする所得税だと考えたら、かなりの金額になりますよね。
「浮気相手と結婚したい、妻には今住んでいる家と土地を慰謝料代わりにあげれば良い」なんて気軽に考えている男性はそういないと思いますが、確定申告後にしっかりと高い代償が待っているのですね。a

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>