親権が母親でも子供の姓と戸籍が自動的に母親と同じにならないことに注意

離婚後の姓をどうするかというテーマでお送りしていますが、みなさんが誤解しやすいところを説明しておきたいと思います。離婚すると母親が親権を得ることが多いので子供の姓や戸籍も自動的に母親に移ると誤解されがちなのですが、実は両親が離婚した場合に、子どもの氏は自動的に親権者には変更されません。離婚によって子どもの親権者である母親が旧姓に戻っても,子どもの戸籍と姓はいままでどおり、つまり、元夫と同じなのです。母親が旧姓に戻った場合、親権者であっても母親だけ旧姓で、子どもの姓は元夫の姓になり、母子で姓が違うということになります。
母子で姓が違うのは嫌だけど自分が元夫の姓を名乗るのは嫌だったり、子供の姓や戸籍に元夫との縁が残るのが嫌だったりというケースもあります。離婚して、親子とも母親の結婚前の姓にし、戸籍も母親の籍に入れたい場合は、家庭裁判所に「子どもの氏の変更許可(民法791条)」を申し立て受理してもらうことと、子どもが親の戸籍に入籍する旨の届け出をする必要があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>